別居について考えよう

離婚と別居

a0001_013026離婚と別居には、別々に住むという共通点がありますが、違いもあります。違いとしては、戸籍の違いが挙げられます。後者は届を出していないので、住所はそのままとなっています。住民票を発行してもらった時に確認することができます。この2つの違いを簡潔にまとめると、届を出しているか出していないかで違いが分かります。次に、この2つのメリットについて説明します。前者は相手からの苦痛を受けない、恋愛をやり直すことができるなどといったことが挙げられます。子どもがいない場合は、子どもの養育費などの問題について話し合う必要がありません。配偶者と別れたので、自分が本当に好きなタイプが分かり、本当に好きな人と結婚することができます。後者のメリットとしては、別々に暮らすので、その間に自分のことを見つめなおすことができたり、子どもに夫婦喧嘩を見せなくて済むといったことが挙げられます。前者では、それが原因で子どもが非行に走ってしまうという可能性がありますが、後者は非行に走る可能性が前者よりも低くなるということが考えられます。夫婦問題などの家庭でのトラブルによって子どもが非行に走るので、円満な家庭環境を作ることが大事です。このような家庭環境を作ることで、前者と後者の問題だけでなく、子どもの問題も起こさなくて済みます。