別居について考えよう

不受理届けというのは、自分本人の知らない間に、離婚届や婚姻届などが偽造の届け出をされるのを防ぐために設けられた制度となっています。受理されてしまうと、戸籍に記載されてしまうため、このようなシステムがとられています。不受理届けが申し出後に、申し出をした本人が提出の窓口に来ていないことが確認されると、その申し出は無効となります。冷却期間で別居中などに、話し合いなどがないまま、どちらか一方が、双方の承諾をなしに届け出た場合などを防いでいます。本籍地の市区町村に、本人が窓口に来て提出したことを確認できるまでは、受理が行われることはありません。また、不受理届けを提出された後に、本人以外の誰かが、必要な戸籍届けを持って窓口に来たとしても、受理されない仕組みとなっています。不受理届け出をされた相手方が特定できた場合には、相手方との届け出が受理されると、失効にもなります。有効期限は定められておらず、本人の脂肪や、取り下げ書が提出されるまでは、効力が継続されます。氏や本籍に変更があった場合でも継続されます。取り下げる場合には、提出をした本人が窓口に来て、本人確認がとれた場合に許可されます。本人確認書類を持参しない限り取り下げは不可となっています。

コメント

コメントを受け付けておりません。