別居について考えよう

夫婦間の財産というのは、特有財産と、共有財産に分けられます。特有というのは、結婚をした際に、実家から持参したもの、または夫婦のいずれかが相続や贈与などで得たもの、もしくは社会通念上で個人の持ち物と考えられるものがあげられます。バッグや靴、洋服やアクセサリーも含まれます。一方、共有というのは、夫婦間で合意のもと、共有の名義で取得したものをさします。生活に必要な家具なども含まれます。結婚後に夫婦どちらかの名義で得たものに関しても、実質的には共有しているものとみなされます。マイホームや車、株や国債、貯金などがあげられます。別居中は、自分の特有のものは自由に持ち出すことが可能ですが、共有のものは、持ち出すことは原則としてはできません。正当な理由が証明できる場合は別となります。ですが、持ち出されたものなどに関しての損害賠償請求は、できないケースもあります。家を出る際に、共有物や、実質的に共有となっているものを処分されることも考えられますので、あらかじめ相手名義のものもしっかりと把握しておくことが大切です。事前に家庭裁判所に処分を禁止する申立てをすることもできます。この場合、従わなかった相手は、過料が処せられることとなります。

コメント

コメントを受け付けておりません。